ビジネス名刺の基礎知識

ビジネス名刺はサイズや必要事項に注意する

ビジネス名刺はパソコンで簡単に作ることができるほか、専門業者へ依頼することも可能です。ここでは、名刺を作る際に知っておきたい、名刺のサイズや、記載すべき必要事項、そして専門業者に関することを紹介します。

名刺の一般的なサイズとは

ビジネス名刺を自分で作る場合にまず気を付けておきたいのは、「サイズ」に関することです。日本国内で使われている名刺については、「55mm×91mm」というサイズが一般的とされています。あえて個性的な名刺を作りたい場合は自由なサイズでもよいと言えますが、そうでない場合は一般的なサイズに合わせて作ったほうが無難でしょう。特にサイズが大きいと、名刺ケースに入らない場合もあるため、渡した相手を困らせてしまうこともあるからです。また厚さに関しては、「0.2mm」が標準的とされていますが、他にも薄口の0.15mmや、厚口の0.3mmなどがあり、自分の好みに応じて選ぶことができます。ただし薄口は耐久性が低く、厚口は価格が高いという注意点があることも知っておきましょう。

必要事項をしっかり記載する

ビジネス名刺には、さまざまなことを記載する必要がありますが、自分で作る場合は、必要事項についての記載漏れが無いように注意しましょう。必要事項としては、氏名や会社名をはじめ、住所や所属部署、そして電話やメールアドレスなどが挙げられ、印刷する前などに記載漏れが無いかどうかを十分に確認しておく必要があります。そして記載内容をどのようなものにするかを考える際は、「相手が欲しい情報は何か」ということを考えるのがポイントだと言えます。また、名刺に個性を出すために自分の似顔絵を載せるというケースもありますが、可愛らしくするためにまったく無関係なシールを貼るなどすると、ビジネスのマナーに反していると受け取られることもあるため、控えるようにしましょう。

専門業者へ依頼する方法もある

ビジネス名刺は、パソコンとプリンターさえあれば自分で作ることができますが、自分で作る自身がない場合や、品質の高い名刺を作りたい場合、そして大量に作りたい場合などは、名刺作成の専門業者へ依頼すると便利です。専門業者では、あらかじめテンプレート(デザイン案)が用意されているため、デザインに自身がない場合でも、テンプレートを選ぶだけで簡単に作ることできます。他にも、自分のデザイン案がある場合は、そのパソコンデータなどを元に作ってもらうことも可能ですし、あるいはデザインを考えるところから作成を依頼することもできます。ただし専門業者へ依頼する場合は、「100枚から」といったロット注文になるため、少ない枚数しか必要ない場合などは注意しておきましょう。