ビジネス名刺の役割

ビジネス名刺の作り方と受け渡しのマナー

仕事を成功に導くための最初の一歩ともいえる名刺は、ビジネスマンにとってなくてはならない自分の分身です。今回は、相手に好印象を持たれやすいビジネス名刺の作り方のコツや受け渡しの方法についてご紹介します。

ビジネスおいて名刺を配るという意味

ビジネスマンにとって名刺の交換は日常的なものとなっていますが、この名刺の受け渡しの本当の意味について詳しく知らないという人も少なくありません。名刺を交換するという行為は、自己紹介をするのと同様の意味を持つのです。相手はその名刺を受け取って確認をすることで自分のことを理解してくれます。そのため、自分を知ってもらうための大事なツールでもあるビジネス名刺を作る時は、相手に何を伝えたいのかをしっかりと把握して作ることが重要です。実際に仕事ができるビジネスマンほど名刺にもしっかりとこだわり良質なビジネス名刺を所持しています。相手に自分を印象付けるためにも、事務的にならないように自分だけの個性的な名刺を作ることが大切です。

ビジネス名刺を作る時に抑えておくポイント

ビジネス名刺をデザインする時は自分なりの個性を出すことが大切ですが、作る時にいくつかの注意点があります。まず一つ目は、あまり情報を詰め込みすぎないことです。いくら名刺が自己紹介を兼ねたツールであるとはいえ、名前や住所、自身のメールアドレスや会社の所在地図などありとあらゆる情報を記入してしまうと、ゴチャゴチャしてしまって相手に読みにくい印象を与えてしまいます。名刺はあえて余白を作ることも重要なポイントなので、それを踏まえて相手に一番伝えたいことを強調することが大切です。
そのほかにも、色を使うのであれば色の選択にも気をつけなくてはいけません。イラストと違って文字は色によって読みにくさが異なります。相手が読みづらいと感じない色を選択することも大事なマナーです。

名刺の受け渡す時に気をつけたいマナー

ビジネスにおいて相手に失礼な印象を与えないようにマナーを身に付けることは重要ですが、ビジネス名刺の受け渡しにもマナーはあります。まず名刺を渡す時にどちらから先に出せばいいのか悩むといった人も少なくありませんが、一般的に目下の人間が先に出すのがマナーです。営業などで取引先に訪問した場合は、立場に関係なく訪問した人間が先に出します。この時に折れたり汚れたりしている名刺を相手に渡すのは失礼に当たる行為なので、そういったことにならないように必ず名刺入れに入れて持ち運ぶこともビジネスマナーの一つです。
そして、受け渡しの時に相手から名刺を受け取ってすぐにしまうのはマナー違反とされています。しかし、手に持ち続けるのもテーブルに直に置くのもマナーとしては良いとは言えないので、いったん自分の名刺入れの上に置いて相手がしまうタイミングに合わせるのが望ましいです。