ビジネス名刺の有用性

ビジネスマンの武器・ビジネス名刺のデザインのポイント

ビジネスマンが仕事をする上で、欠かせないツールがビジネス名刺です。窓口となる担当者の名前と連絡先を告げる大事なアイテムですが、「連絡先が分かれば良い」と、意外と疎かにしがちな部分でもあります。業績が伸び悩んでいるという方は、ぜひ見直して赤マル急上昇を目指しましょう。

「ムダなくシンプルに」が基本

カタログやパンフレットと違い、ビジネス名刺は面積が圧倒的に狭いです。そのため、伝えるべき情報をまとめてシンプルにまとめるべきです。「何か一言キーワードを入れて、キャッチコピーと、あと会社の社訓も…」と、盛り込みすぎていませんか?
基本的には、所属している会社や団体名、役職名、氏名、そして企業・団体の住所・連絡先(TEL・FAX・メールアドレス)を入れ込めば、大抵は画面が埋まってしまい、お腹いっぱいになります。適度な空間もあるべきですし、これ以上の情報が入り込む隙間がありません。あと入れるとすれば社名のロゴくらいなものです。
まずは、すっきりと見やすい、どういう会社で、どんな役職の人かを端的に伝えるツールとなっているか、を確認しましょう。

業種にマッチしたデザイン・雰囲気づくりを

ビジネス名刺と言えば、明朝体のお固いものを想像した方も多いはず。確かに、証券会社や銀行などお固い業界であればそういった、かしこまった形式であった方が格調高く、イメージも保つことができます。しかし、カフェや玩具メーカー、お菓子や美容関係などで、そういったお固い名刺がマッチするでしょうか。反対に、どこかズレたものを感じて、「この会社のセンス、大丈夫かな…?」と思われて、評判を落としかねません。ビジネスツールとして使える道具の体裁を整えたあと、しっかり業界にマッチしているか、も敏感に感じ取る必要があります。こういったデザイン面を軽視する企業・団体もあるかもしれませんが、こういったイメージ作りにも尽力している企業は、やはり丁寧で誠実な印象を受けます。そういった、見た目の部分のブラッシュアップもぜひ行うべきです。

落としどころを明確にしよう

レイアウトや伝える情報を整理し、デザインも業界や企業にマッチしたものへと整えてきましたが、ここでもう1ランク上のビジネス名刺を目指しましょう。そのコツとはズバリ「落としどころを明確にする」です。たとえば、顧客にダイレクトメールを送るのでも、その目的・ゴールが商品の購入なのか、それともメルマガや会員の入会登録なのかで売り込み方や送るべき頻度も変わります。商品を買ってもらうがゴールなら、宣伝する商品をひとつに絞ったり、セールを中心に知らせたりと、綿密な計画が必要なはずです。
同じように、その名刺を顧客に渡してどうさせたいのか。購入・契約が目的であれば、会社の電話番号は小さく記して、担当者となるその名刺の主のEメールアドレスを大きくのせるべきです。また、ホームページへのアクセスが目的ならURLを太字にしたり、1サイズ大きくして見つけやすくしましょう。このような、顧客の動きの想定・先回りが大切です。