ビジネス名刺の目的

ビジネス名刺に秘められた重要性

社会人にとってビジネス名刺は無くてはならないものであり、その人を映し出す鏡とも言える存在です。ビジネス名刺には様々な特徴やルールがあり、正しい知識を持って扱うことがビジネスを成功へと導きます。

ビジネス名刺の役割とは

ビジネス名刺は一目見るだけでその人の社会的地位や人柄を把握することができる万能アイテムです。ビジネスの場において初めて会う人と接する際には必ずと言っていいほどビジネス名刺が登場します。日本の名刺のサイズは91ミリ×55ミリが基本サイズとなっており、小さなスペースに様々な情報を取り込まなくてはなりません。そしてビジネス名刺の最大の特徴は、必要とされる情報が分かりやすく整理されていることであり、小さな紙面に収まるだけの情報を吟味して選択する必要があります。また、デザインも重要な要素となっていて、特に営業マンにとっては相手の記憶に残ることが大切です。相手の関心を引くデザインを心がけることが重要となっています。

ビジネス名刺に記載すべき項目とは

ビジネス名刺に必須となるであろう記載項目をご紹介します。まず最初に名前があげられます。一般的に名前は一番太く大きな分かりやすい文字で印字されています。ビジネスマンとなると日々数多くの名刺を交換することになり、大量の名刺の中から見つけてもらうために欠かせない条件です。次に会社名とロゴが印字されます。さらに部署名や役職名が記載されていて、配置転換や役職が変わる度に新しい名刺を用意しなければなりません。他にも住所や電話番号、携帯番号、メールアドレス、FAX番号が必要です。昨今では会社の固定電話でなく携帯でのやり取りが多くなっているため外せない項目となっています。加えてホームページのURLを載せて会社情報を調べてもらえるようにしておきましょう。

目的に応じたビジネス名刺作り

一言にビジネス名刺といっても立場や事業、用途によって様々です。ビジネス名刺で重要なことは、事業内容やビジネスに関すること、人となりに関心を抱かせることです。限られたスペースを上手く活用するには相手がどのような情報を得たいのか相手の立場に立って考えなければなりません。例えば来店目的で渡す場合は地図やアクセス情報は欠かせない要素となっています。さらに定休日や営業時間を記載することが重要です。そして郵便物を送ってもらうようなことがある場合には郵便番号や都道府県名までしっかりと印刷しておく配慮が必要です。また、読みにくい名前や間違われやすい名前の人はフリガナをふっておく気配りで相手が困らないようにしましょう。ビジネス名刺は相手がスムーズに目的を果たせるよう導く役割を担っています。